Feature

オトコっぽいのに上品さもあるコイツに再注目

ドレスなチノパン〜ユルリなドレチノ〜

ドレスなチノパン〜ユルリなドレチノ〜

Feature

ドレスなチノパン〜ユルリなドレチノ〜

手前味噌ながら"お買い物は恋に似て"とはよくいったもの。例えばこのチノパンも然り。そう、昔、気になっていたあのコと久々に再会したらすごく大人っぽくなっていて、思わず恋をしてしまった的な感じかと。というわけで、オトコっぽいのに上品さも備えた4本のドレチノを前編・後編に分けてご紹介。

ユルリなドレチノがお好みならこのふたつ

紹介するふたつのドレチノは、ともにフォルムがユルリ。ゆえ、元来のタフさに加えいまの時代に不可欠なヌケ感をお求めの方は、ぜひ。

Item03ザ・チノ リヴァイブド

不死鳥の如く蘇った伝説のブランド

リヴァイブド

左/ 90年代に誕生し、その後活動を休止していたブランドであるザ・チノを2013年に復活 / ジャパンメイドにこだわる銘柄からの一本は、腰周りゆったりのテーパード型。2万3000円/ザ・チノ リヴァイブド(ボーディング)
右/ ワントーンで楽に着こなして / 今季注目したいベージュ系のワントーンコーディネート。同色の合わせだけに着こなしも楽チンなうえに、知性的で優しげな雰囲気を醸しつつリッチ感も演出できる配色ゆえ、ぜひともお試しを。ブルゾン12万4000円/バルスター(ワイルド ライフ テーラー)、ニット1万9000円/スローン(スローン)、時計144万円/ウブロ、シューズ6万円/パラブーツ(パラブーツ青山店)

リヴァイブド生地
ブラウンよりのベージュが魅力の生地は、
60番手三本撚りのアジのあるコットンを使用。

Item04ナイン イン ザ モーニング

キャメルに近い上品ベージュの一本

モーニング

左/ イタリアの気鋭パンツブランドの作は、1プリーツによって腰周りに適度なゆとりをもたせつつ、裾にかけて急激に細くなるラインが特徴 / 2万9000円/ナイン イン ザ モーニング(トヨダトレーディング プレスルーム)
右/ 全身3色以内のお手本的着こなし / 全身をブラック、ベージュ、ホワイトという3色のみでまとめることで、落ち着いた雰囲気を演出しました。パーカ3万円/ジョン エリオット(サザビーリーグ)、Tシャツ8000円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店)、時計285万円/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、シューズ5万5000円/コモン プロジェクト(ワイルド ライフ テーラー)

モーニング生地
コットンに2%にポリウレタンを混紡させることで
快適なはき心地をキープしました。

■お問い合わせ
ボーディング info@thechinorevived.com
ワイルド ライフ テーラー 03-5728-6320
スローン 03-3448-0207
ウブロ 03-3263-9566
パラブーツ青山店 03-5766-6688
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
サザビーリーグ(ジョン エリオット) 03-5412-1937
ジェームス パース 青山店 03-6418-0928
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949

写真/渡辺修身(Sammy Studio) スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/吉田葉づき、勝間亮平(masculin) 文/竹内虎之介(シティライツ)、持田慎司、堀川正毅、渡辺 豪(ともに本誌)
2017年6月号より

LEON最新号で続きを読む

sam

2017年6月号 No.188 / 930円(税込)

やっぱり”欲しい”が止まらない

お洒落オヤジのコレが買い!

 お買い物って、やっぱり楽しいですよね。もちろん、シンプルな生活に人生の豊かさを見い出すという生き方もあります。でも逆にモノから始まるコトもある。良いモノがあればこそ、もっと楽しくなるコトだってある。さらにいえばモノを買う時の高揚感自体、立派な人生の醍醐味だと思うのですよ。そう考えると、お買い物は知的体験のひとつ。なくちゃ生きていけないわけではないけれど、あると一気に人生が色づく。当然失敗もありますが、だからやめられないのです。というわけで本特集では、そんな恋にも似た買い物熱を冷ますことなくお届けしようと思う次第。編集部員のリアルな声を交えつつこの春、LEONが感じた「コレ欲しい!」をストレートにお伝えいたします。

Related