Feature

「ジャンネット」のコート&セットアップ

オヤジの着流しこそ 流してはいけません

オヤジの着流しこそ 流してはいけません

Feature

オヤジの着流しこそ 流してはいけません

スーツの魅力は上下が共布ゆえ、一枚絵のような強さと艶にあります。女性でいうところのワンピースの凛とした華やぎのような。しかもVゾーンを変えるだけで、格好がつくので、着こなしに迷った時はスーツがラクなのです。
そんなこんなで、読者諸兄にオススメしたいのが、ジャンネットのシャンブレー素材のフルセット。こちらはジャケット、パンツに加えて、コートまでが共地のアイテムで揃うのです。セットアップはスーツ同様、何をどう合わせてもキマってしまうゆえ、コーディネートのアレやコレやを考えなくてもよい簡便さもありますよね。
シャツ地のヒラリ感が生む軽やかさが格別で、袖をまくったり、襟を立てたりと、そんな仕草すら自然にキマります。例えばポケットに片手を入れて風に吹かれながら佇むコート姿は、秋冬の艶出しスタイルですが、こちらのコートなら、そんな姿が春先でも叶うのです。シャンブレーの素材感はまさに着流しスタイルにもぴったり。夏の暑さにかまけてついついユルくなりがちな着流しも、このフルセットなら、時間を取らず、迷うことなく、ラクしてキマるというワケ。オヤジさんにふさわしい着流しに最適な服選びは、やっぱり流してはいけないのですね。

1

この夏は着流しコートスタイルでキメてください / コート4万2000円/ジャンネット、カットソー1万3000円、パンツ2万7000円/ともにチルコロ 1901(すべてトヨダトレーディング プレスルーム)、サンダル2万5000円/アイランド スリッパー(エストネーション)、サングラス3万円/モスコット(モスコット トウキョウ)、時計211万円/ウブロ、そのほかはスタイリスト私物

インナーとパンツを白でまとめて足元にはサンダルという夏場スタイル。その上にこんなコートをさらっと羽織るだけで、こなれた着流しが叶います。ジャケット感覚で着流してください。

2

3アイテムで着流しが自在に。楽してキマる究極のこなしワザです / ジャケット4万2000円、パンツ2万7000円/ともにジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム)、シャツ2万3000円/ジャンジ、靴3万9000円/ソロヴィエール(ともにビームス 銀座)、コート、カットソー、サングラス、時計は右と同じ、そのほかはスタイリスト私物

シャンブレーのパンツも美脚シルエットなので、ジャケットとセットアップできてしかもご覧のようにも余裕でキマります。ローテーションしていただければ、毎日のこなしがラクなのです。

■お問い合わせ
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
エストネーション 03-5159-7800
モスコット トウキョウ 03-6434-1070
ウブロ 03-3263-9566
ビームス 銀座 03-3567-2224

写真/人物・石黒幸誠(go relax E more) スタイリング/村上忠正 ヘアメイク/Ryohei Katsuma(masculin) 文/堀川博之(web LEON)
2017年6月号

LEON最新号で続きを読む

sam

2017年6月号 No.188 / 930円(税込)

やっぱり”欲しい”が止まらない

お洒落オヤジのコレが買い!

 お買い物って、やっぱり楽しいですよね。もちろん、シンプルな生活に人生の豊かさを見い出すという生き方もあります。でも逆にモノから始まるコトもある。良いモノがあればこそ、もっと楽しくなるコトだってある。さらにいえばモノを買う時の高揚感自体、立派な人生の醍醐味だと思うのですよ。そう考えると、お買い物は知的体験のひとつ。なくちゃ生きていけないわけではないけれど、あると一気に人生が色づく。当然失敗もありますが、だからやめられないのです。というわけで本特集では、そんな恋にも似た買い物熱を冷ますことなくお届けしようと思う次第。編集部員のリアルな声を交えつつこの春、LEONが感じた「コレ欲しい!」をストレートにお伝えいたします。

Related