Feature

デニム&スラックスで貫禄を出す紺ブレのこなし方

リッチで不良な紺ブレ、こなしはこのふたつ

リッチで不良な紺ブレ、こなしはこのふたつ

Feature

リッチで不良な紺ブレ、こなしはこのふたつ

紺ブレをリッチで不良そに装う際、重要なのはそれをオヤジのフィールドに持ち込むということ。
で、そこから導き出された答えがズバリ、開襟シャツ&タテ落ちデニムを使った着流しと、全身ダークなワントーンでキメるタイドアップスタイルです。ま、要は、ブレザーであることを意識せず、ジャケット然と着こなすのが重要ってこと。そうすることで、むしろ特有のトラッド風味が滲み出し、その意外性が不良(ワル)そな気分を作るのですよ。

Style01デニムで着流すならコレ

不良そにこなす紺ブレにとって、タテ落ちデニムはハズせぬ存在。でも、それだけじゃいまどきとは言えません。だから、インナーにベージュの開襟シャツを合わせる。と、俄然ラテンな不良さが薫るのです。

1

タテ落ちデニムに艶なブレザーを / しっとりとした艶を帯びたモヘア混素材の黒ブレザー。糸付けボタンを模したデザインのメタルボタンにモダンな印象が漂います。8万9000円/トゥモローランド ピルグリム(トゥモローランド)、シャツ2万4000円/オリアン(ビームスF 新宿)

タフなタテ落ちデニムと相性のいいベージュの開襟シャツをラテンな“襟出し”で合わせる。すると、紺ブレの正統感がむしろタダモノでない感じに見えるのですよ。

小物使いはギラリとキメて

2

左から、バングル上18万5000円/シッピークレイジーホース、中45万円、下20万円/ともにノーバート ペシュラカイ(すべてゴッドトレーディング伊勢丹新宿店)、時計250万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴9万5000円/ジミー チュウ

1 タフなジュエリーをジャラ付け

ブレザーを不良そにこなすうえで欠かせないのが、ギラリと輝くブレス。なので、腕元には男らしいインディアンジュエリーをジャラ付けであしらってしまいましょう。

2 ラグジュアリーかつクラシカルな時計

もちろんオヤジの腕元にはリッチな時計が欠かせません。ただし、あくまで正統感の漂うブレザーには、どこかクラシカルな趣を湛えたスクエアケースの一本が似合います。

3 スタッズ付きのパテントローファー

ブレザーにローファーといえば、元来鉄板のコンビですが、ここにも不良な味付けが必要不可欠。そこで、パテント素材かつスタッズ付きの強印象な一足を選ぶのです。

Style02スラックスで着るならコレ

まるでスーツを着こなすように、紺ブレにネイビーのスラックスを合わせ、さらにシャツとタイにもネイビーを選ぶ。素材感の違いのみで作る陰影が、シックで不良そなタイドアップスタイルを完成させます。

3

エレガンス薫る一着をワントーンで / 比類なき正統感のなかに貴族的なエレガンスが薫るダブルブレストのブレザー。ボタンは主張しすぎないフラットなメタルボタン。22万8000円、シャツ5万円、タイ2万9000円、パンツ7万2000円、チーフ2万円、リング66万円/すべてラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)

コーディネートにおいてブレザーであることをあえて意識しないというポイントは、タイドアップスタイルにおいてもまったく同じ。だから、まるでスーツをワントーンで着こなすように全身ネイビーで装うのです。

タイドアップもあえてのギラリ

4

左からタイバー4万7000円、ブレスレット35万4000円、時計180万5000円/ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 表参道)、靴11万9000円/ラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)

1 Vゾーンは素材感を変えたワントーン

Vゾーンをネイビーで統一。この際、ブレザー、シャツ、タイの素材感を変えて立体的な陰影を作ることがポイント。そこにタイバーでさり気にギラリな艶をプラス。

2 ドレスでも腕元はシルバージュエリー

タイドアップの際も、腕元にはゴリッとしたシルバーのブレスレットで不良さ添え。同じメタルだからといって、ボタンとの色合わせはむしろ考えなくていいのです。

3 シャープなタッセルスリップオン

デニムスタイル同様、足元で考えるべきは“正統なハズし”。ちょいシャープなフォルムのタッセルスリップオンを素足履き、というくらいのサジ加減がちょうどいい。

■お問い合わせ
トゥモローランド 0120-983-511
ビームスF 新宿 03-5368-7305
ゴッドトレーディング伊勢丹新宿店 03-3352-1111
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
ジミー チュウ 03-5413-1150
ラルフ ローレン 0120-3274-20
ラルフ ローレン 表参道 03-6438-5800

写真/人物・生田昌士(まきうらオフィス) 静物・林 敏一郎、柳川夏子(ともにFOREST) スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/松本和也(W) 文/竹内虎之介(シティライツ)
2017年6月号より

LEON最新号で続きを読む

sam

2017年6月号 No.188 / 930円(税込)

やっぱり”欲しい”が止まらない

お洒落オヤジのコレが買い!

 お買い物って、やっぱり楽しいですよね。もちろん、シンプルな生活に人生の豊かさを見い出すという生き方もあります。でも逆にモノから始まるコトもある。良いモノがあればこそ、もっと楽しくなるコトだってある。さらにいえばモノを買う時の高揚感自体、立派な人生の醍醐味だと思うのですよ。そう考えると、お買い物は知的体験のひとつ。なくちゃ生きていけないわけではないけれど、あると一気に人生が色づく。当然失敗もありますが、だからやめられないのです。というわけで本特集では、そんな恋にも似た買い物熱を冷ますことなくお届けしようと思う次第。編集部員のリアルな声を交えつつこの春、LEONが感じた「コレ欲しい!」をストレートにお伝えいたします。

Related