Feature

別荘でリゾートでリッチなオヤジはこう過ごす

モテる雪山のこなし方

モテる雪山のこなし方

Feature

モテる雪山のこなし方 (1/2)

季節やシーンに応じたお洒落がラグジュアリーであるというように遊び方にだって冬には冬の楽しみ方があります。
もちろん冬に南国のビーチリゾートなんていうのもいいのですがヨーロッパのリッチなオヤジは、真冬に山間の別荘や雪山を訪れてウインターリゾートを楽しんでいます。というのも、彼らのなかでは雪山は立派なリゾートであり、それにふさわしい遊び方、お洒落そして冬には冬の過ごし方があることを知っているから。

なので、そのライフスタイルを実践すべく、小誌初となる雪山特集ではほかとは違う、モテる冬リゾートのこなし方をご紹介いたします!

3toku_0207_01

山には山のお洒落があるんです シングルでもダブルでもジャケットはジャストサイジング。すると自然に胸板が厚く男らしい逆三角形のシルエットが生まれるのです。ジャケットの丈がちょい短ければ、今と何ら変わりませんね!全身山アイテムで揃えずとも、街着にアウトドアアイテムをプラスすれば雪山らしいスタイルが完成します。
男性●ジャケット9万8000円/ウールリッチ(ウールリッチ 表参道店)、ニット2万9000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、パンツ2万1000円/リディアル(カイタックインターナショナル)、ミトン2万2000円/チュース(チュース ショップ)、サングラス2万7000円/イタリア インディペンデント(イタリア インディペンデント ジャパン)、靴2万円/ソレル(コロンビアスポーツウェアジャパン)
女性●ジャケット9万円、ニットキャップ6000円、ミトン2万4000円/すべてチュース(チュース ショップ)、パンツ2万5000円/エージー(エージー ジャパン)、靴2万円/ソレル(コロンビアスポーツウェアジャパン)

 

お手本はヨーロッパの雪山スタイル

冬のリゾートオヤジは高スペックなのにリッチです

雪山というと装備も本気で、と思いがち。しかし、ヨーロッパのオヤジはファッションだって、過ごし方だってとっても優雅です。なのでそれらをお手本にすれば、新しい雪山のこなし方がわかるわけで、そういうリッチなライフスタイルを実践すると結果、モテるのですよ。

3toku_0207_02

Moncler Grenoble / お洒落雪山オヤジはスペックも完璧 モンクレール グルノーブルは街着としても、スキーウエアとしても使える機能を持ったコレクション。ゆえお洒落でリッチなのはもちろん、寒くて雪山を楽しめない、なんて心配は不要です。
男性●ジャケット24万4000円、パンツ12万円、グローブは参考商品/すべてモンクレール グルノーブル(モンクレール ジャパン)
女性●ジャケット31万7000円、パンツとニットキャップとグローブは参考商品/すべてモンクレール グルノーブル(モンクレール ジャパン)、靴はスタイリスト私物

次のページへ
冬リゾートでモテる3つのこなし

Related