Feature

Feature

モテる雪山のこなし方

若かりし頃は、いかに格好良く滑るかというテクニックばかりに全神経を集中させドヤ顔でターンをキメるとモテる、なんて思っていましたよね。いまでもゲレンデにはそういったヤンチャな若者がいますがリッチなオヤジとなった我々にふさわ...

Feature

こなし際立つ肩掛けバッグ

両手が空けばアレコレできるでしょ♥ こなし際立つ肩掛けバッグ エンボスされたアナグラムがさり気なくセンスを主張 両手ぶらり戦法ゆえ、こ〜んなこともできちゃいます。男性●ブルゾン48万6000円、カットソー4万6000円、...

Feature

リッチなオヤジは寒くない!!

昔の人にとって冬の寒さを凌ぐことは、生死をかけた戦いでした。でも、いまやそうではありませんね。むしろ、寒い冬こそ、リッチなオヤジの面目躍如。その財力と経験値と情報を生かして、小僧に圧倒的に格差をつけるチャンスです。なぜな...

Feature

あったかリッチな温感インテリア

ぐっと冷え込むこれからの季節は、自宅で過ごす時間が増えてきますよね。こういう時こそ、インテリア計画を見直す絶好のチャンスになります。まず大切にしたいのは、見た目も居心地も温かく快適な空間を作るということ。 優しい光と肌触...

Feature

モテる時計の使い方

「いまや時計で時間を見る奴はいない」。ある時計ブランドのCEOは言いました。確かに時間を知るだけなら、スマホのほうが何倍も便利でしょう。しかしそれでもオヤジが、大金を払ってでも時計を手に入れようとするのはそれが自分自身の...

Feature

冬の仕上げに「ニット」と「コート」

「ニット」は男の内面 「コート」は男の顔です 秋冬のお洒落はオヤジの腕の見せドコロ。だって使うアイテムが多い分、豊富な経験値が大いに役に立ちますからね。とはいえ正直なところ、労なく簡単にキマるならそれに越したことはないと...

Feature

“キャラ立ち リング”の こなし方

厚着になるこれからの季節。首元、腕元、足元は洋服にそのスペースを侵食されついには指先くらいしか露出している箇所がないという状況に。しかしこの限られた小スペースを上手に活用できてこそ、ジュエリー上手の面目躍如。そんなわけで...

Feature

これがオヤジの新しい服モテる秋

“新しい”は“モテる”のです 皆さん、秋ですね。お洒落も恋も目一杯楽しんでいますか? 思うに、モテるオヤジというのは人生を積極的に楽しんでいる男性のことですよね。だって、そういうオヤジさんは常に気持ちがフレッシュですから...

Feature

これがオヤジの「特別仕様」

「15周年を迎えた小誌の読者のために、特別仕様のアイテムを作ってくれませんか?」 そんな神をも恐れぬ提案に対して、本当に多くのラグジュアリーブランドが快諾してくれました。 本国のクリエイティブチームを巻き込み、日本だけで...

Feature

女子ウケ温泉ヨコシマ行き♥︎

夏が終わり秋本番! だんだんと涼しくなりひと肌恋しくなるこれからの季節、温泉に浸かってホッとひと息したいのが日本人の本音かと。でもせっかく温泉に行くのだったらひとりより、もちろんニキータと一緒のほうがいい。よく考えてみて...

Feature

モテるオヤジはスーツが伸びる

スーツはオヤジさんをもっとも魅力的に見せてくれるお洒落着です。時に重要な商談を成立させる援護射撃になったり、時にデートで淑女をドキドキさせたり。あらゆるT.P.O.で活躍してくれるスーツですが、それらが着ていてまったくス...

Feature

いまジャケ代わりに「ジージャン」

ジージャン、というとカジュアルのド定番ですが本特集では改めてオヤジのジージャンを考えました。キモはズバリ、上品でリッチにジージャンを着ること。そのための、もっとも簡単な近道はあれを足してこれを足して……というのではなくい...

Feature

オヤジの最新スニーカーカタログ

スーツから楽ジャケやシャカジャケの流れ然り着こなしがカジュアルになるにつれて、足元もカジュアルになるのは必然です。だからこそ、カジュアルでもキチンと見えることがオヤジには重要でして。楽チンだとしても、リッチな感じや艶っぽ...

Feature

ゼンマイ選びのウワサの真相

機械式時計が復権してから約30年が過ぎ、時計を取り巻く環境は大きく変化しました。世界の時計市場の規模は、ここ15年だけでも2倍以上に伸びており、好調な売り上げを背景にコンピューターによる設計技術の開発や最新の工作機械によ...

Feature

オヤジの夏は半袖とともに

真白な雲、青く光る海、燦々と照りつける日差し。そして隣には心地よい風に吹かれて微笑むまぶし〜い彼女が…。”夏”という季節の到来はいくつになっても我々の心を甘酸っぱくさせてくれるわけで。そんな胸キュ...