セレブなバカンス 〜特別編〜

ブルースとともに生きる街

オヤジを酔わせる
アメリカ南部の”音”と”食”【3】

オヤジを酔わせるアメリカ南部の“音”と“食”【3】

セレブなバカンス

オヤジを酔わせるアメリカ南部の“音”と“食”【3】 (1/3)

我らがジローラモとお届けしている「セレブなバカンス連載Web LEON版」。こちらでは、その連載で紹介していない、海外の最新トラベル事情、オススメリゾート、オヤジのモテる遊び場を特別編としてご紹介します。記念すべきその第1回目は、“ブルース”と“南部料理”で訪れる人々を魅了するアメリカ南部の旅。オヤジさん好みの音と酒と食に酔う、メンフィス〜ニューオーリンズへ南下していきましょう。

グラウンド ゼロ ブルース クラブ

名優モーガン・フリーマン経営のブルースBAR

メンフィス出身であるモーガン・フリーマンが、ブルースの生まれた町であるクラークスデールに音楽を楽しめる場所がないと嘆いて、彼の仲間と共同出資してつくったのがこちら。アメリカンブルースの伝統を受け継ぐ場として、夕方になると多くの音楽好きで賑わう地元の社交場となっています。週に数回、夜にライブが行われるので、ブルースをめぐる旅には欠かせない場所です。

次のページへ
プランテーションハウスの大富豪のお屋敷は極上ホテル

Related