セレブなバカンス 〜特別編〜

ブルースとともに生きる街

オヤジを酔わせる
アメリカ南部の”音”と”食”【1】

オヤジを酔わせるアメリカ南部の“音”と“食”【1】

セレブなバカンス

オヤジを酔わせるアメリカ南部の“音”と“食”【1】 (1/3)

我らがジローラモとお届けしている「セレブなバカンス連載Web LEON版」。こちらでは、その連載で紹介していない、海外の最新トラベル事情、オススメリゾート、オヤジのモテる遊び場を特別編としてご紹介します。記念すべきその第1回目は、“ブルース”と“南部料理”で訪れる人々を魅了するアメリカ南部の旅。オヤジさん好みの音と酒と食に酔う、メンフィス〜ニューオーリンズへ南下していきましょう。

グレースランド

南部といえば、まずはキング・オブ・ロックンロール!

南部を訪れたらまずはチェックしておきたいのが、ロックをアメリカ文化に押し上げ、メンフィスをロック発祥の地として世界中に知らしめた、エルビス・プレスリーにまつわるスポット。そのひとつ目は、エルビスが愛する家族や友人と過ごした巨大な邸宅「グレースランド」です。彼は22歳の時に10万ドルでこの土地を購入し、42歳で亡くなるまで約20年間住み続けました。受賞したゴールドディスクやトロフィー、自家用ジェット、愛車など、エルビスゆかりの品々を彼の音楽とともに触れることができます。個人の邸宅としてはホワイトハウスに次いで来訪者が多い家と言われているメンフィスの名スポット。

次のページへ
アーケードレストラン

Related