セレブなバカンス

「シルバー・スピリット」で巡るカリブ海

クルーズ船で映画のような旅を

クルーズ船で映画のような旅を

セレブなバカンス

クルーズ船で映画のような旅を (1/3)

毎朝目覚めると見たことない光景が目の前に広がっている。そんな体験はクルーズ旅行でないとできないことです。
これまで日本では年配の方向けの旅というイメージがありましたが、クルーズ旅行はすご〜く楽チンでありながら、実はとってもエキサイティング。
ドレスアップした自分とめくるめく光景にもう気分はディカプリオかケーリー・グラントです!

2013年は日本におけるクルーズ元年ともいわれているようにクルーズ旅行への関心が高まっています。というのも、外国船が多数日本に寄港したり、日本発着のクルーズ船が就航したりと、さまざまな話題があるから。そんななか、オヤジさんにオススメしたいのは、数あるクルーズ船のなかでもっともラグジュアリーといわれる船で、もっとも美しい土地を巡る旅です。

クルーズ旅行というと2000人〜3000人が乗船する大型船が多いなか、今回乗船したシルバーシーの6隻の船はすべて小型船で最大540人程度の乗客数。さらに全室スイートでバトラー付きという群を抜いて豪華なクルーズ船。イタリア人オーナーの会社というのもLEONオヤジさん的にいい雰囲気かも。そんなラグジュアリーなクルーズ船で巡るのは小さな島々からなるカリブ海が断然オススメです。

欧米では浸透しているクルーズ旅行ですが、我々日本人にはなじみが薄いもの。そこにはクルーズ旅行ならではの“きまりゴト”があるんです。例えば、毎日18時からはフォーマル、インフォーマル、カジュアルといったように、ドレスコードが決まっていたり。「毎晩お洒落するの楽しい!」とジローラモが言うように、ゲストのファッションチェックも一興。フォーマルの夜は、まるで映画のなかの社交界に入り込んだよう。そんなシーンもクルーズ旅行の魅力のひとつなのです。

celeb_03_01

■左上:誰もいないプールサイドでちょい酔いざまし。
■左下:今回はシルバーシーのなかでもっとも大きいシルバースピリットに乗船。主にカリブ海〜地中海を巡っています。
■右:船内にはさまざまなアクティビティが用意されていますが、こちらはシアター。毎日ショーやオペラなどが上演されているんです。

celeb_03_02

フォーマルナイトにはちょっとしたパーティーが。女性も男性も華やかで非日常感が高まりますね。

celeb_03_03

カジノでは、皆高額を賭けているので真剣なのが面白い!

The Caribbean[カリブ海]

今回はバルバドスから出発しセントルシア、ドミニカ、セントバーツ、バハマを巡りアメリカのフロリダ州、フォートローダデールで下船という全7泊8日のルート。

次のページへ
楽しみは船の外にも広がっています

Related