3番カウンターの客

〜DINING OUT ARITA& with LEXUS〜

堀川 正毅
LEON副編集長 ファッション特集、飲食企画、インタビューを担当。

do01

『ある日突然現れて、そして消えゆく幻のレストラン』。1年前、このブログで紹介した「ダイニングアウト有田」が今回、再び佐賀県で開催されるということで、運良く取材に行く機会を得ました。会場は佐賀県唐津市にある名護屋城址。豊臣秀吉が朝鮮出兵の際にわずか数ヶ月で建てた城の跡で行われた理由は、この地から磁器(陶器)の歴史がはじまったから。創業400年を迎えた有田焼、その流れを組む伊万里焼、それらのルーツとされている唐津焼の3つの焼き物が今回の主役です。そんな器をプロデュースしたのは、クリエイティブプロデューサーの丸若裕俊さん。シェフの渥美創太さんが生み出す料理との素晴らしいセッションを実現しました。

do02
do03
do04
do05
do06

器と料理とお酒、そして野外という稀有なロケーションが混ざり合い、ほかでは味わえない官能的なひと時に。昨年のダイニングアウト有田も大変に素晴らしいものでしたが、今回はさらにアップデートした素晴らしい会となりました。

翌日は唐津の美しい街並をドライブできる体験会が開催され、「LEXUS RC」でドライブさせていただきました。キモティー!!!
do07
do08

今回も貴重な経験となりました。本イベントは定期的に開催されているものなので、興味をお持ちの方は、ぜひ「ダイニングアウト」のホームページにてチェックしてみてください。

DINING OUT
http://www.onestory-media.jp/

今週も折り返し、頑張っていきましょー。

Related