フォトグラファー仁木岳彦のイタリア日記

市場風スーパーで、弁当の万国博覧会?

仁木 岳彦
上智大学新聞学科卒。旅の途中、イタリアにただならぬ縁を感じ、2000年からミラノ在住。撮影対象は興味の赴くまま、テーマはむしろ神々しい光の空気感。

最近、ミラノ市内で新装開店するスーパーを
よく見かけるんすが、野菜の箱を並べた様な
「市場風」なディスプレイが多いんすよね。
イタリア人の食への飽くなき追求が
こんなところにも表れているような気がします。
ミラノに来た当初、近所のおばあちゃんに
「プラスチックの入れ物に入った食べ物には
気をつけなさい!」と言われたことを思い出しました。
「そんな事、言ったってさ」と思ったものです。
しかし、そんなおばあちゃんの知恵袋が
ミラネーゼの深層心理にあるのかもしれないですね。
市場風自然派ディスプレイ、ウケてるみたいで
大繁盛している様子なのです!!!

IMG_0274-1_Snapseed

今回は、ミラノの住宅地にある
新装開店したばかりの、とあるスーパーを
リポートしてみます。とにもかくにも
対面式の売り場が多いこと。なんといっても
市場風ですのでね。こちらはできあいのものを
量り売りするコーナー。

IMG_0292_Snapseed

ハム・チーズ売り場も対面式。下の段は
全てチーズです!!! 多分、ハムもチーズも
量り売りでの購入も可能なはず。

IMG_0287_Snapseed

な、なんと寿司コーナーも対面式?
せっせと休む事なく次から次へと巻き寿司を
作っておりました。目の前で作っているという
鮮度の安心感、これが売りなんすかね。
しかし、寿司ってそんなに売れてんすか??

IMG_0286_Snapseed

そして、具材を選んでその場で作ってくれる
Asian Foodコーナーもありました。
アジア風焼きそば、具だくさんチャーハンと
言った感じの、広く世界で「WOK」と呼ばれている
熱々の食事がテイクアウトできるわけです。
しかし、このコンビニエンスな感じ、
イタリアでは珍しいんすよね。しかも
ショッピングモールとかではなくて、
地域のスーパー の一角ですよ!

IMG_0298_Snapseed

キムチ海苔? 当然、アジアなどガイジン用の
食材も充実してました。変わりゆくヨーロッパに
商業の方はダイレクトに反応してるって
事なのかもしれません。

IMG_0338_Snapseed

お茶のコーナーは、ロシア風のティーサーバーが
ディスプレイでした。

IMG_0320_Snapseed

最も驚いたのがお弁当コーナー。白米とおかずの
コンビネーション、泣けますね。イタリアの
スーパーの弁当売り場、初めて見ました。
イタリア人は食に関して保守的などと
言われていますが、そろそろそんな時代も
終わりにして欲しいのです!!!
アジアの文化が浸透してもらうと、
いろいろと食べられる機会が増えるので、
個人的に単純に喜んでいます。

IMG_0346_Snapseed

丼モノっぽい弁当は、カンボジア風、タイ風、
中華風などなど、言って見れば「弁当の万国博覧会」
みたいなんすよ。国旗のデザインをあしらった
スティッカーがお洒落! さすがミラノ、去年
食と環境をテーマとする万博が行われたばかりですが、
早速、街にも反映されているとはね。

IMG_0351_Snapseed

Related