3番カウンターの客

3番カウンターの客 〜50年続く良き関係〜

堀川 正毅
LEON副編集長 ファッション特集、飲食企画、インタビューを担当。

イタリア大使館によくお邪魔します。
東京には世界中の大使館があるのですが、
イタリア大使館のゲートをくぐる機会は
図抜けて多いんです。もちろん、フラリと
訪れても入れるものではなくて、
イタリアブランドの発表会や
レセプションパーティで頻繁に訪れているんです。
他国の大使館に比べ、イタリア大使館は
そういったブランドのサポート、ひいては
自国の文化や価値を大切にするスタンスが
鮮明。国としてファッションやアート、
フードなどに価値を感じ、サポートする
その姿勢は、とても素敵なことだなぁと思う次第です。
こんにちは、レオン編集部フクヘンの堀川です。

先日、イタリアの古都フィレンツェにある
世界最古の薬局「サンタ・マリア・ノヴェッラ」の
発表会が行われるということでイタリア大使館へ
行ってきました。フィレンツェは京都と姉妹都市関係に
あるのですが、その関係が2015年に50年の節目を迎えた
ということで、代表のエウジェニオ・アルファンデリー氏が
来日、その友好関係についてスピーチを
行ったというわけです。

IMG_8128
見事な庭園を背に、アルファンデリー氏(中央)、
日本でのインポーターである山野エミール氏(左)、
そしてこの写真には映っていませんが、この後
イタリア大使館のドメニコ・ジョルジ駐日
イタリア大使も登壇。これまでと
これからの取り組みについて語り合いました。

IMG_8130
レセプションの最後には軽食と飲み物が供されたのですが、
こちら、フィレンツェと京都の友好を記念して作られた
“友情のワイン”がとーーーーっても美味しい!
聞けば超限定ボトルだそうで、残念ながら販売はしていない
のだそう。残念っ!

IMG_8134
コチラは購入できます。50年の友好を記念して登場した
サンタ・マリア・ノヴェッラの久々の新作「チンクワンタ」です。
パッケージに画家笹倉鉄平氏によるもの古都フィレンツェの
歴史的風景と、まさに両国の関係を象徴した一品。

オーデコロン チンクアンタ(100ml)
2万1600円
サンタ・マリア・ノヴェッラ銀座
東京都中央区銀座6-8-17 千年銀座ビル1F
☎03-3572-2694

というわけで。イタリア大使館でのひと時は、
両国の素敵な関係に触れる良き時間となりました。
のんびりフィレンツェ観光に行きたくなったなぁ。

気付けば10月も残りわずか。
頑張っていきましょー。

Related