3番カウンターの客

3番カウンターの客 〜このワインは美味い、の件〜

堀川 正毅
LEON副編集長 ファッション特集、飲食企画、インタビューを担当。

pen01

11月号の作成をようやく終えたと思ったら、
12月号の足音がすぐそこまで。月刊誌の宿命では
ありますが、特別ボリュームのある周年号の
後の号はなかなか痺れるものがあります。
それでもってワタクシが扱うテーマが
カラダメンテの特集ときたワケだから、もうね、
ボロボロでピカピカ、スカスカでモリモリな
感じです。こんにちは、LEON編集部フクヘンの
堀川です。もーいくつねーるーとーお正月〜

先日、20世紀のトップ12ワインとして選出された
オーストラリアのワイン「ペンフォールズ」と、
2014年にオーストラリアのシェフ・オブ・
ザ・イヤーを獲得したロス・ラスティッド氏による
コラボレーションディナーにお招きいただきました。
今回会場となったのは、ANAコンチネンタル
ホテル東京の「ザ・ステーキハウス」。
残念ながら一般向けの特別コースは既に
終了してしまったのですが、夢の共演の様子を
ちょっぴりご紹介させていただきます。

pen02
はい、こちらがペンフォールズのワインです。
このボトルは白ワインですが、ココンチと
言ったら赤ワインが有名。なのですが、
すいません、初めて飲んだココンチの白が
とっても飲みやすくて好みでした。食事を
邪魔しない、サラリとした飲み口は食中酒として
大オススメです。今回はロス・ラスティッド氏が
ペンフォールズの色々なワインに合った料理が
運ばれてくるという趣旨なので、「白ワインは
どんな料理にでも合う!」というのは、
ややもすると営業妨害な気配ですが、そのくらい
飲みやすくて心地よい出来映えってコトです。

pen03
pen04
pen05
pen06

で、こちら4連発のお料理にそれぞれ
バッチリ合うワインが添えられたワケです。
・・・え、ワインの写真はどうしたって?
・・・かたじけない、美味しいマリアージュに
楽しくなってしまい、撮影忘れという失態。。。

というわけで。ペンフォールズの魅力、
お分かりいただけましたでしょうか。
そんなペンフォールズ、実は秋口に上海で
どデカいイベントを予定しているとかないとか。
引き続き注目していきますんで、お楽しみに!

OMAKE
kera01
kera02

冒頭で触れさせていただきましたが、現在、
目下Karada LEONなお仕事全開でして、
フィジカルなメンテから見た目メンテまで
幅広—く取材&リサーチを繰り広げている
今日この頃なんです。で、その過程で
お邪魔した2つの発表会のご紹介。ひとつは
髪の毛のメンテといえば、な「ケラスターゼ」の
ラインナップ発表会。用途別、ターゲット別に
用意されたケアオイルがズラリと勢揃いした
その佇まいが圧巻。なかでも
「ユイル クロノロジスト」はジャスミン油が
入った大人のオイルで、売り切れ続出な
超ヒットアイテムで、いま一番使ってみたい
オイルなんです。ワタクシ、月〜金は
ヘアスタイルにワックスやジェルを
利用しているのですが、土日はオイル派。
毛髪&頭皮に休日を提供しているわけです。
そんな使い方もオススメですよ。

lab01
lab02

お次は「LAB SERIES」の新しい美容液
「FUTURE RESCURE」。洗顔して、化粧水して、
乳液して、んでコチラ。ベタベタし過ぎず、
肌をほどよくコーティングしてくれる感じは
心地いい!のひと言。ヘビロテ必至な逸品です。

というわけで。
シルバーウィークまであと少し。
ガンガン攻めていきまっしょ!

Related