編集長前田の遊びと仕事は紙一重

クルマのこと①

前田 陽一郎
LEON編集長 仕事に趣味に全力で楽しむ雑誌LEONディレクター

前回、ほんとーに久方ぶりにブログに再登場してから、
またまたご無沙汰してしましましたが、言い訳しますと
これまた冗談抜きに忙しかったのなんのって!
昼夜の会食にはじまり出張、パーティ、
イベントの数々、、、。この3週間ばかりで
100枚入りの名刺が2箱近くなくなったほどです。

とまあ、そんなわけでここ3週間の怒濤の日々を
数回に渡って振り返りますね。
でもって今回は去る3月28日に富士スピードウェイで
開催されたレクサスのドライビングレッスンのこと。

僕もクルマ好きの端くれを自負しておりますので、
役得とばかりに各メーカーが開催するドライビング
レッスンには参加させていただいたことがあるのですが、
レクサスのプログラムはお膝元でもある
富士スピードウェイをほぼ終日貸し切って行われる
とっても贅沢なものでした!
そのうえ!
「とにかくクルマを操る面白さを存分に味わってもらう」の
主旨どおりに、とにかく走る走る! 次から次へと
用意されるプログラムはどれも実践的なうえに、
全7名のプロドライバーが手分けして
レッスンしてくれるためプロの技を間近に見ながら
アメイジングな体験ができるようにもなっています。
もちろん、僕も仕事を忘れて存分に楽しませていただきました。
詳細リポートと僕の体験談はレクサスのホームページにも
アップされていますので、ぜひ覗いてみて下さいませ。
動画はコチラ。

Car driving from LEON on Vimeo.


お恥ずかしながら僕の運転です。これ、かなりいい
タイムだったんですよ。音量を大きくすると
タイヤが鳴っているのが聞こえます(笑)。
あと、レクサスの河辺さんの声が入っているのが笑えます。
もちろんサーキット走行ですから、ヘルメットにグローブ。


オンボードコンピュータを搭載して、自分の
ドライブデータを解析までしてくれます。
プロとの差に愕然としますが。。。(笑)


イベントの締めはなんと、レクサスが誇る
スーパースポーツマシン、LFAのサーキット試乗。
プロドライバーが助手席でサポートしてくれながら、
LFAの全開走行が体験できました!

今回は100,000kmを超えて初!のディスクローターの交換。
ふだんの移動がほぼ高速道路ってこともあり、やたらと消耗品の
寿命が長い、というのは所有するバイクたちも一緒です。

Related