YULIYULIの空飛ぶトキメキDINING

突然ですが、スリランカにいました。

YULI*YULI
食空間コーディネーターの第一人者として、またパーティーのセレブな常連として、公私にわたりレストランとの関わりが深い艶女。本誌での食連載「オヤジのトキメキダイニング」は7年目を迎える長寿企画

久々の空飛ぶトキメキは、やっと行けたスリランカ!!
スリランカ航空で直行13時間飛んで時差は3時間半。
ハワイの19時間差にどうしても馴染めなかった
YULI*YULIとしては、最高にカラダが楽なんです。
文化溢れるし、何と言っても素敵なホテルが目白押し。
食べ物も美味しいし、治安も良し! これから
スリランカブームになるのでは?というかブームを
起こしましょう。前置きがかなーーり長くなりました。


スリランカに行ってみたかった大きな理由は、
Geoffrey Bawa(ジェフリー・バワ)建築。
スリランカ、コロンボ出身の建築家です。
(彼についての話は語ると長くなっちゃうので
また次回にしますね)
で、そんな彼が手掛けたホテルその1。
“ヘリタンス・カンダラマ”。バワの代表作です。


自然と一体化したホテル。
いかに自然を壊さないで共存させるという
コンセプト。風が気持ちいい。


さて、スリランカと言えば、
世界遺遺産にも登録されている
シギリヤ・ロックです。
五世紀にカッサパ一世によって建造された
標高370m岩山の王宮跡です。


ホテルの周りにも猿がたくさんいましたが、
なんと、ここにまで登って来ています。健脚!


岩山の中腹には”シギリヤ・レデイ”として知られる
フレスコの女性像が描かれています。
未だに色がこんなに綺麗に残っています。
美人ですね。スタイルいいしーー。


かなり急な斜面ですので、高所恐怖症の
方にはおススメ出来ないかも。
下見るとドキドキします。こ、恐い。


無事に登頂。水泳してたし、、、、
足だけは強いので、キャッホー!


下りは楽勝! のんびりと下ります。
大きな樹がたくさんあって、
なかなか良い雰囲気です。ここで
ゆっくりシャンパーニュしたい感じ。


これ、次回。


これも次回。


これまた次回。


インフィニティ・プールといえば、
アマン・リゾートだと思ったけど。
実はこちらが原型だそうです。
向こうに見えているのはカンダラマ湖。


実はここからも遠くシギリヤ・ロックが
見えるの。手玉にとってみました(笑)
次回は、ジェフリー・バワ建築を
色々ご紹介しますね。

Related