3番カウンターの客

24時間ワイン漬け

堀川 正毅
LEON副編集長 ファッション特集、飲食企画、インタビューを担当。

日本観光が外国人観光客のなかで
人気となって久しいですが、
最近ではその目的地が京都や大阪などの
ザ・観光シティにとどまらず、
日本人でも聞き覚えのない地方の
小さな村へまで広がっているのだそう。
そんな彼らから「○○村の●●はとても
素晴らしかった」なんて聞くと、
「え、俺それ知らない」なんて焦る気持ちに
なったりして。月並みではありますが、
日本のこと、もっと知らないと
と思う今日この頃です。
こんにちは、LEON編集部フクヘンの堀川です。

そんな訪日客に感化されたわけでは
ないのですが、先日山梨県は小淵沢町にある
「リゾナーレ八ヶ岳」にお邪魔してきました。
こちら、星野リゾートが運営する
ホテル施設なのですが、今回の目的は
「Wine Resort Festa2015」なる
ワインイベントに参加することでした。
山梨&長野のワイナリーが一同に会し、
宿に隣接する「ピーマン通り」で
いろいろと試飲できるというイベントです。
というわけで、今回はその様子を
ご報告いたします。

1
リゾナーレ八ヶ岳のエントランス。
このゲートをくぐると、まるで
ヨーロッパの田舎町にあるような
一本道が現れます。

2
石の回廊を中心に各ワイナリーが
テーブルを並べてワインを提供。
システムとしては、まず参加登録を
行い、試飲用のグラスを購入する形で
試飲フリーとなる仕組み(一部、
追加料金が必要な銘柄もあり)です。
もちろん、気に入ったものを
そのまま購入することもできます。

3
ちなみに今回、わたくしが
気になったワインはこちら。
「ヴィンテージファーム」さんが
作る『獅子吼 甲州シャルドネ』でした。
日本ワインには珍しく厚みのある
味わいが好みでした。

4
ピーマン通りは夜になると
こんな風にライトアップされます。
デートスポットとしてもオススメ。

5
ワインフェスタ自体は16時まで
なのですが、リゾナーレ八ヶ岳は
施設内のいろいろな場所で引き続き
ワインを楽しめるイベントが用意されており、
なんと24時間!(そんなに飲めないですがw)
飲めるようになっているのですが、
せっかくリゾナーレ八ヶ岳に来たので、
わたくしはリストランテ「オットセッテ」へ。
この日はスペシャルメニューとして
すべて野菜で作られたコース料理を
いただきました。その皿数、10以上!
それにすべてマリアージュさせる
ワインがつくわけで、、、それほど
お酒の強くないわたくし、食事中盤には
かなり出来上がっちゃっておりました。

6
7
翌日は希望者を近くのワイナリーに
連れて行ってくれるサービスが
あったので同行。「Domaine Mie Ikeno」
という普段は非公開のワイナリーで
ぶどうの栽培からワインの樽詰めまで
作業工程を丁寧に説明してもらえる
貴重な機会となりました。

今年は既に終わってしまいましたが、
毎年11月に行われているイベントなので、
ご興味のある方はぜひ訪れてみてください。

リゾナーレ八ヶ岳
住所/山梨県北杜市小淵沢町129-1
☎050-3786-0055
http://risonare.com

Wine Resort Festa2015(11月21、22日に開催済)
費用/3500円(試飲パスチケット&試飲グラス付き)
※フードは各ブースにて現金払い
時間/10:00〜16:00

Related