なりきり艶女の菅でスガ、何か♥

~フェスティブシーズンの到来です!編~

菅 礼子
情報担当。パーティーや新規オープンの取材を担当する。

いや~、早いもので今日から12月です。びっくりですね~。
師走というだけあり、気づいたら2016年になっていそうな勢いです。

さて、12月と言えば忘年会にパーティーに何かと忙しい時期ですよね。
一年のご褒美としてちょっとした贅沢をしたくなるのもこの時期。
私はというと、先日ヒルトン東京さんからお誘い頂き、ちょっと早めに贅沢を味あわせて頂きました。

IMG_5071
お伺いしたのはヒルトン東京2階にあるダイニングフロアTSUNOHAZU。こちらのダイニングフロア、中国料理の「王朝」や「メトロポリタングリル」などが垣根なく行き来できるようにオープンになったユニークなダイニングフロアなんです。このたびは「メトロポリタングリル」でイタリア・アルバ産の白トリュフとビルカール・サルモンのシャンパーニュを楽しむというなんとも贅沢な会でした。写真は香り高きアルバ産の白トリュフ!!すべてシリアルナンバーが付けられているという贅沢品です。

トリュフが使われたお料理とのペアリングはすべてビルカール・サロモンのシャンパンという贅沢❤フィリップ・ルイ・エガロン総料理長監修のお料理にとろけそうになりました。

IMG_5076
こちらが乾杯に振る舞われたビルカール・サルモン ブリュット レゼヴルのシャンパンです。小さな作り手ということで、稀少なシャンパンですよ!

IMG_5081
個人的なお気に入りは北海道産のエイのリゾット仕立て、からすみ、白トリュフを加えて。です。聞いただけでよだれが出そうなのですが、最近では外資系ホテルではフカヒレが禁止されているということもあり、エイを食べる機会も増えるのでしょうか?個人的にはぷりぷりな食感で美味しく頂きましたよ!

IMG_5091
デザートにも白トリュフが!ヘーゼルナッツとアプリコットのクッキー、クリームにもトッピングです。本当に贅沢なコースでした!

今回は一夜限りの秋の晩餐ということでしたが、TSUNOHAZUはバー、お寿司、グリル、中華がお店を超えてオーダーできるユニークな大人のダイニングですので、ぜひ普段使いしてくださいませ!

では、師走も元気に駆け抜けましょ~!

Related