本日の業務外連絡

都内から3時間で行ける楽園

堀川 博之
12月入社した第二の堀川。クラシックからモードまでファッション全般をカバー。 40の手習いで始めたゴルフは年内100切りがマストか。

おはようございます。
最近はすっかり秋めいていますが、
日本はまだ夏を体感できるエリアがあります。

宮古島へ行ってきました。
10月末でしたが、日差しの強さは真夏そのもの。
日中、日焼け止めは必須なくらい。
海に入るならTシャツを着て、と言われるくらいの夏日です。
IMG_8073

宮古島へは羽田から直行便で3時間20分ほど。
宿泊は空港からクルマで約15分のシギラリゾート。
100万坪の広大な敷地に展開する話題の高級リゾートです。
3年ぶりでしたが、さらにサービスが充実していて
今まで以上に使いやすい感がありました。

IMG_8075

IMG_8092

IMG_8226
まず、ココはなんといっても部屋が最高です。
本館からほんの数分歩いた別棟の
シギラベイサイドスイートアラマンダが今回のベース。
落ち着いた中にリッチ感のある室内は十分に寛げますし、
海を眺めながら湯船につかるのは、
これ以上ないリラックスした時間となります。
ついつい室内で過ごしてしまうほどの快適ぶり。
リピーターも多く、この日は平日にも関わらず全館満室でした。
5月から10月までは常にハイシーズのようです。

ちなみに宿泊したホテル名にもなっている
アラマンダの花言葉は「恋に落ちるまえ」。
旅のテンションを上げてくるロマンチックな言葉ですよね。

着替えをすませて、向かったのは本館にあるレストラン「マラルンガ」。
フレンチレストランでの経験豊かなシェフが
宮古島の食材などの説明も交えながら
目の前で調理してくれるのですが、これぞ至福の時間です。
都内にはほとんど流通しないという宮古牛のフィレや
九州・玄界灘で採れた肉厚のアワビなど
厳選された食材ぜひお試し頂きたいと思います。

次回は宮古島のアクティビティについてお話したいと思います。

シギラリゾート
http://www.nanseirakuen.com

Related