若輩コムスメのムフフ♥なこの頃

秋の夜長は極上珈琲なんぞいかがです?

小林夏美
新人アシスタント。景色、オヤジ様、遠出好きのコムスメです。

みなさま初めまして、新人の小林でございます。
みなさんの仲間に入れてもらえてから3カ月、やっとブログデビューを果たしました!
何を紹介しようかとても悩んだのですが、私、コーヒーが好きなので記念すべき
第一回目のブログは吉祥寺にできたコーヒー店『ブラックウェルコーヒー』のお話にしようと思います。

駅前の大通りを抜けて少し進んだ、中道通り、
コーヒー店の激戦区に『ブラックウェルコーヒー』はあります。
この通りは、歩いていると左右どちらもコーヒー店なんて当たり前のようにあって(笑)。
でも一軒ごとに味があり、雰囲気が異なるので、ラーメン激戦区!
のような圧迫感がないのが個人的には好きでして。

blackwellcoffee_1
このスタイリッシュできれいな外観、実はマスターが7月に始めたばかりのお店。
特筆すべきは、贅沢な香りとマスターの人柄!です。
興味があること新しいことには、思い立ったら即行動派。
で、前々から好きだったコーヒーのお店を始めたそうで。

なんとマシンではなく、手焼き(手仕事)による焙煎で生豆を焼いているとのこと!
そしてその美味しく焼き上がった珈琲豆を注文を受けてからハンドドリップで淹れる。
ああ、手仕事にこだわっているんだなと…
店内のそういう香りが抜群に気分をほぐしてくれるのです。

さらに自家焙煎の豆は販売もしていて、そのブレンドにはそれぞれ名前をつけているそう。
ある仕事仲間には、“Friend”という名前をつけたオリジナルブレンドの豆を贈ったとか。
これには友人、仲間、良い仕事相手という3つの意味が込められているというのです。
思っていることを形にするのってすごく難しいことだと思っていて、
こんな粋な計らいをさらりとできるマスターはすごいなあと。
ちなみにマスターも、いちオヤジさんでございます。

店内にはまさにその“人柄”が表れていて、
黒板を使った壁や本棚のあるカウンター席により、
遊び心がありつつ、温かい空間になっています。
blackwellcoffee_2

blackwellcoffee_3

今はケーキも一緒に楽しめるみたいです。
もちろんテイクアウトでも美味しい味を堪能できますし、長居もOK!
きっとマスターが心地良いひと時を提供してくれますよ。

ブラックウェルコーヒー
住所/東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-10
www.blackwellcoffee.net/
電話/0422-27-1481

Related