代理・石井の今宵も誰かと酔いどれて

代理・石井の今宵も誰かと酔いどれて(104)

石井 洋
LEON編集長代理 編集長と共に全体をディレクションするほか、モードページも担当する。

とある深夜、自宅廊下でのパター練習時に
球が複数個見えてしまい、「あかん、これはあかん……」と
独り言をつぶやくのが、最近のルーティーンな
代理“忙しくても心は亡くしちゃあかんYO!”石井です。
当方、ドライアイなのですが、生けるからには
潤った愛に満たされたいものですね。なんのこっちゃ……。

ここのところは、10/24発売(12月号)の本誌製作に加え
同号の女性向け別冊付録「Angela(アンジェラ)」の製作で
てんやわんやでして……。

1)

シルバーウィークも基本仕事でしたから、
ファッションだけでも「HOLIDAY」気分を、ということで
Angelaの撮影に向かうと、まさかのモデルのコリーンが
「TAKE ME ON VACATION」……。
お互い頑張ろうね、と、慰めあったのでした……。

2)

そんななか、少し前になりますが、美しくも美味しい会に
お呼ばれしましたので、ご報告をば。
なんとこちらの写真は、東京国立博物館の本館内。
「アート オブ ブルガリ 130年にわたるイタリアの美の至宝 」展の
オープニングディナーが催されたのですね。

本館内でのディナーは初だそうで、今後も恐らくないだろうとのこと。
VIP顧客から主要メディアのお歴々に加え、スペシャルゲストの
宮沢りえさんも同席のディナーでありました。
美しいジュエリーで目を楽しませ、美味しいお食事に舌鼓を打ち、
泡をくぴくぴしながら、「俺、宮沢りえと飯食ったことあるよ」って
言えるんだなぁってこと。席はめっちゃ遠かったですが……ち〜ん。

3)
せっかくの機会なので、前述したお歴々とパチリ。
え? お歴々に見えない? 日本の雑誌を支えるお歴々なんですってば!

4)

もうひとつ、とっても楽しいディナーがありました。
要町から広尾に移転した「81(エイティワン)」でのディナーです。
友人に誘われたこのお店、ウワサだけしか聞いていなかったのですが
これがなんとも面白い! 究極の隠れ家・劇場型レストランといいましょうか
12
×2回転のみのお店なのですが、メンバーが全員揃わないと
幕は開きません。コの字型のテーブルはまるで観客席。
舞台は厨房。演者はシェフとそのスタッフです。
幕が上がると、ひと皿ひと皿、とても趣向の凝らされた逸品が
供されます。この日は、確か森の散策がテーマで

5)

試験管に入った、風味豊かなきのこのスープや

6)

ポンッ! と産みたての卵、ではなくて、これ、カルボナーラなんです!
といった具合に、舌も目も心も躍るディナーでありました!

「もうダメだ〜〜」と思った途端に、こうした楽しい機会が
やってくる。だからこそ、続けていられるのでしょうね。
というわけで、よっしゃ、もうひと踏ん張りや〜!
押忍!

おまけ!

ただいまAmazon FashionとLEONがコラボ中!
ここでしか買えない、ジュンハシモトの
トリプルコラボ・ナイロンスーツなど、いいもん売ってますYO!
チェックされたし〜。

http://amazon.co.jp

Related