本日の業務外連絡

ロンドンいい店、モテる店

堀川 博之
12月入社した第二の堀川。クラシックからモードまでファッション全般をカバー。 40の手習いで始めたゴルフは年内100切りがマストか。

おはようございます。
最近、私の周りで騒がしいのがロンドンにまつわる話。
海外からの新しいホテルやレストランが進出した影響もあり
完全にリバイバルしています。
自国通貨をユーロにしなかったのも、
さすが金融発祥の地ならではの叡智といえましょう。

そんな旬なロンドンですが、今後女性誌でも
ガンガン特集が組まれると思いますが先駆けてご紹介。
感度の高めな女性との会話のアテになればと。

1

2

3

4

彼女とゆっくりお茶をするならこちらを。
ドーバーストリートにある、ブラウンズホテルのラウンジ。
本格的なイングリッシュブラックティが楽しめます。
サンドイッチとスコーンが抜群に美味しいので必ずオーダーください。
お好みはあるかと思いますが、
キュウリ入りでこんなに美味しいサンドイッチは初めてです。
設えも豪華ですがオーセンティックな雰囲気で好感がもてます。

BROWN’S HOTEL
http://www.rocconfortehotels.com

5

6

7

8

9

ディナーならこちらをオススメ「ザ クローブ クラブ」。
古い一軒家をそのまま使ったレストランでメニューはコースのみですが、
繊細で意外性のある料理が楽しめます。
バーも併設され、1908年の貴重な古酒も飲めるのです。
お酒好きな彼女には最適です。
クラシックにしてとてもモダン。
この雰囲気がいまのロンドンを象徴しています。
ちなみにここの制服はこの春からビームスが手がけています。

THE CLOVE CLUB
http://www.thecloveclub.com

S__16859178

S__16859179

三件目はテイクアウトです。
こちらはいかがでしょうか「LEON」。
小誌とは無関係で、ちょい不良でもありません。
オーガニックな食材を中心としたメニューが人気でして、
世界的に健康志向が進んでいるということがわかります。
サラダはお弁当のような容器に入って
ボリュームがあり、食べ応えもあります。
ロンドン市内でかなり見かけるので、
気軽に立ち寄ってみるのもありですぞ。

LEON
http://www.leonrestaurant.co.uk

このゴールデンウィークにでも
ロンドン旅行はありだと思います。
旅の参考になれば幸いです。

Related