京橋のひと時

腕元の相棒①

渡辺 豪
ファッション担当。ドレス、カジュアルともにカバーする。

とあるファッション企画のレジメを
一読した上司がひと言。

「ミリシャツ、タフジャケ、軍パン…戦争特集?」

心の中で「メーディーーーック、(衛生兵!!!)」
と叫んだ渡辺です。
ウォーキングデッドやバンドオブブラザーズを見て
ミリジャケいいな!と思ってしまったのは不覚です。

さて、あまりこのコラムで
ファッションの話は止そうと思いましたが
持田君の腕元に影響されて今回は自分も。
だいぶ付き合いも長くなってきたのに
その素材の特性からかまったく
くたびれてこない(アジ出しされない笑)
「ディンバン×イタリアインディペンデント」
のカーボンバングルです。

image
カーボンならではのフラッグ模様がなかなか
タフでソリッドな感じですが、裏には。。。

image-2
ブラックダイヤが配されておりアクセントに
こういったあたりがワザありです。

image-1
なかなかゴツいですが
つけごこちはいたってライト。
重量自体もめちゃくちゃ軽いです。

これ、数年前にラポ・エルカンが来日した際に
堀川正毅副編集長が「ラポがめっちゃいけてる
バングルしてた。。。。」という
情報を元にコレットで通販したもの。
ラポとディンバンのコラボだったようで
なけなしのお金をはたいて買ったものです。

最近、ラポ・エルカンフォーグッチの
PRに着ていたラポが未だにつけていたので
嬉しくなってアップ。作り手とお揃いが嬉しいと
いうわけではなく、あの頃の気持ち
モチベーションを思い出した、という意味で。。。

ド級のボリュームになりそうな周年号、
気持ちもリフレッシュして臨みます!

今日も元気にモリモリパクパク

Related