Po Channel

Po Cahnnel〜東京〜

斉藤 奈緒
ジュエリー担当。ホテルや美容のジャンルにも関わっている。

こんにちは斉藤です。

最近あらためて、やっぱり日本て良い国だなと思う今日この頃。
美味しい食べ物、治安、人の優しさなどなど・・・。

特に住んでいる東京は、普段は当たり前すぎて気づかないけど
すべてが揃っているんだなぁと。外国人や、外国帰りの同僚(アメリカから帰国したスガ)に言われて
魅力を再確認。。。

というわけで、今回のテーマは「東京」。

まずは、東京駅にある「東京ステーションホテル」。
2012年に生まれ変わったばかりのホテルですが
歴史は100年ととても古いんです。
風情ある駅舎は国指定重要文化財。
そんな駅舎の中にあるというのも、ならではの魅力ですよね。

今回は
1951年からある、「バーカメリア」に行ってきました。

写真1

飲んだのはオリジナルカクテル。
左のきれいな空色のカクテルは「トランスポーター」。
東京駅からの旅をイメージしたものでなんと、日本酒も入っていました。
でも清々しく飲みやすかったです。
右は、その名も「東京駅」。東京駅が開業75周年を迎えた年に
バーテンダーさんが
赤煉瓦をイメージして作ったという名作。昔から愛されているシグネチャーカクテル。

写真2

やっぱり東京に出張中の方に、オススメです。駅はスグ下にあるので
新幹線の待ち時間などに・・・。駅にいることを忘れさせる空間で、語れるカクテルを
一杯というのはかっこ良いですね〜。

続いて・・・
最近オープンした虎ノ門ヒルズにある「アンダーズホテル」。

写真3

写真4

52階からみた昼と夜の景色。
さすがの高さです・・・。

話題のホテルゆえに、発表会の会場になったりと
何度かお邪魔しましたが
先日、ようやくプライベートで飲みに行くことができました。

写真5

写真6

写真7

写真8

52階のルーフトップバーでは、それぞれ雰囲気が違う
ローカウンター、ラウンジ、ハイカウンターの3つのスペースに
なっていて気分によってかえられるのです。

ローカウンターは、炉でお湯を沸かしながら、日本茶や日本酒が飲める場所。
外国人を連れて行くと喜びそうな日本の伝統と、モダンなデザインが融合した
お洒落な空間。
ハイカウンターは、スタンディングスペースもあったりと、ここは逆に海外っぽい雰囲気。いろんな業種の方がアフターファイブなどに集って
意見をかわすようなソーシャルな雰囲気でした。

ラウンジは、ソファでリラックスしながらお酒が飲める場所。デートにいいです!!ちなみに夜景はこんな感じ・・・

写真9

かなりきれいでした。

と、最近は東京の魅力を改めて
感じています。

ちなみに9月発売の11月号では
ホテル特集の担当に。なので夜な夜な
ホテル巡りを楽しんでいる最中です〜〜。

では☆

Related