小僧の、「日々コレ勉強ッス」

小僧の、「日々コレ勉強ッス」~男を落とすなら~編

市村 広平
さまざまな企画に広く携わる、ニューカマー。

んー、お腹空きながらこれを書いてるからか、
写真を見かえしても最高に旨そう。
あ、イタリア出張時の飯のお話です。
実際にうまかったわけですが、とにかく飯の写真ばかりですな(汗)。

どうも、胃袋に一途な市村です。

“男を落とすなら胃袋をつかめ”とはよく言ったもので、
料理上手な女性はいつの時代も強し、です。
たとえばこんなメシに、男は弱い、ってことで

トレメッツォさんとのご飯会にて。inフィレンツェ。
パスタ、パスタ、肉!
これですよ。ゴールデンメニューですよ。
そして、まぁビフテッカの肉々しいこと!
日本の肉料理よりも歯ごたえがあるので、肉感がダイレクトに伝わってきて
まいう〜、なのです。
(店名を控えておらず……思い出したらご報告いたします。)

こちらはゼニアさんとの一夜にてinミラノ。
【Ristorante Al Porto】
住所/Piazza General Antonio Cantore – Milano
☎02-89407425  http://www.alportomilano.it/

こちらは、西麻布の人気店「アルポルト」の片岡 譲シェフが
足しげく通っていたミラノの老舗。
ここの味に惚れこみ、名前を使わせてもらったのが
西麻布の「アルポルト」なのだとか。

お店は、フィレンツェとは打って変わって海尽くし!
プレートにいくつもの魚介類がならんで、回しながら取り分けていく前菜など、
それぞれに最適な調理法が施された海の幸は、
そのどれもがしっかりとした味つけで、白ワインと最高に合います。

どちらかというと、ミラノの方が日本食を含めて
レストランの選択肢は多い気がします。

でもまぁ「彼女の手料理が一番」というのがもっとも素敵なお答え。
そのためにも、ウマいものを知っているのは大切だな、と思うミラノ出張なのでした。

ではでは。

Related