NIKITAに聞いた”XXな話”

~ちょめちょめ4:ヨットはNIKITA(女性)名詞でしょ!な話

近藤 高史
ゴルフを嗜み、ヨットは学生時代から続けるサンデーセイラ―。 そんな新参デスクの“ニキータ 二 キータ”ちょめちょめな話。

先日、久しぶりに学生時代のヨット部の悪友に会ったので、
今回のブログはヨットの話をさせていただきます。

わたくし、ブログのサブタイトルにも書かせていただいてますが、
学生時代、ヨット部に所属してまして。
今でもヨットは続けているのですが、
船って「クイーンエリザベス号」などとあるように
昔から女性名詞を使って名前を付けるので、
それもまたNIKITAトークかなと強引に考えました(笑)。

と、前置きがちと長くなりましたが、
明日(1月24日)発売のLEON3月号は
自分にとって思い入れの強い号になってます!

なぜならば、こんなページもあるから。

BMWセーリングチームの写真です。
いやぁ、一緒に戦うと速いチームなんですよ、この方々は(笑)。
陸でも速いけど海でも速い! そしてさらには、マセラティ号の写真も!!

そうなんです。言わずもがなヨーロッパではヨットが盛んで、
しかもクルマと密接に関係しているので
クルマがヨットレースのスポンサーになってたりするんですね。

これらは自分がエントリーしたAudiがスポンサーのイタリアでのヨットレースの写真や、
そこで見たレクサスがスポンサーのヨットチームの写真です。
いやぁ、いつの日か、日本でもクルマメーカーが
普通にヨットレースのスポンサーになる時代が来てほしいものです。
かなり、個人的な希望ですが……。

さらに、さらに――。
今号が思い入れ強い号になっているのは、
なんと「クルマ特集」で学生時代の部活の舞台、湘南を取材できたから!

 

クルマ特集と湘南の海のコラボだなんて、
ステキ過ぎますのでぜひぜひご一読くださいませ。

 

最後に、そんなクルマ特集に触発されて、
編集部の田中と、ポルシェの試乗会に行って参りました。
もちろん特集と同じで“冬の湘南の海をオープンカーで走る”というものです。

冬の海のヨットはツラいけど、冬の海辺のオープンカーは最高!
ぜんっぜん寒くないし、景色は最高だし。
そんなドライブ(もちろんデート❤)のご参考になる特集にしております。
ぜひぜひ、お手にとってくださいませ。

最後に……。
どうせドライブするなら、田中じゃなくてNIKITAと行きたかった~~~~!

Related