なりきり淑女の菅でスガ、何か♥

なりきり艶女の菅でスガ、何か ~ラグジュアリー女子会編~

菅 礼子
情報担当。パーティーや新規オープンの取材を担当する。

先日仕事関係の方に手相を見て頂いたところ、
「きゃっ、アナタ相当なじゃじゃ馬よ!」と驚かれたスガです。
じゃじゃ馬な人柄を示す手相はあまりいないそうですが、レオン編集部では簡単に確認
しただけでも4人はいましたよ!嗚呼、恐るべし個性派編集部。
しかも、「仕事線がまったくありません。仕事を仕事と思っていないでしょう」と、社会人として微妙なお言葉も頂戴しましたよ!笑

さてさて、先日、コンラッド東京さんにご招待していただき、編集部の斉藤女史とともにヒルトン・ワールドワイド日本進出50周年の記念のプランに宿泊させていただきました。
ラグジュアリー女子会というやつです。

浜離宮、東京湾が目の前に広がるとっても見晴らしのいい部屋に入ると、、、




う~ん、テンションがあがる「ジョーマローン」のギフトが我々をお出迎えしてくれました。アロマキャンドルにバスオイル、ソープ、それにスワロフスキー・エレメントがちりばめられた50周年限定のコンラッドベアー!ウェルカムドリンク&スウィーツもあって、とっても豪華。



お部屋は「シティルーム」。広々としております。

夕食は和食「風花」で頂きました。


お料理はお刺身や旬の野菜を添えた和牛のステーキなど、盛りだくさんのコースです。暗くて恐縮ですが、泡と夜景と和食、女性が好きな3拍子とでもいえましょうか。至福の時間でした。

朝食はフレンチ「ゴードンラムゼイ」のブッフェ。ホテルの朝食といえばコレでしょう、の「エッグベネディクト」を頂きました。大きな窓に天高というゆったりとした空間での朝食は余裕のある一日のスタートを予感させるものでした。


中からとろっとろの卵が顔を出す「エッグベネディクト」。ブッフェは洋食のほか、おかゆなどの和食もあり。フルーツやデザートが多いのも女性には嬉しいところ。

と、優雅な朝食までをお伝えしましたが、前日の晩、ほろ酔いで斎藤女史と向かった先は銀座のバー。タロット暦30年というマスターに行く末を占ってもらったのでした。いろいろ頑張らないと!なスガです。

コンラッド東京
住所/東京都港区東新橋1-9-1
電話/03-6388-8000
「ダズリング50 」※この他にも記念プランは2つ、計3つございます
予約期間/~2014年3月28日(金)
実施期間/~2014年3月31日(月)
料金/シティルーム1室2名様 7万3000円(税サ別)
http://www.conradtokyo.co.jp/

では~。

Related