メェメェのタワゴト

メェメェのタワゴト:つかの間の?夏休み〜

八木 千晶
ファッションやグルメ、旅をこよなく愛する。東北出身にもかかわらず、かなり寒がりなアラサー女子。

みなさんสวัสดี(こんにちは)〜!

やっとこさ色々なพิสูจน์อักษร(校了)が終わりまして
しばらく満員電車と締切に苦しんだ日々にลาก่อน(オサラバ)★
日本脱出で、タイはภูเก็ต(プーケット)でデトックスしていた
思い出を今更(シルバーウィークの出来事)振り返りたいと思います!
※菅先輩と旅先が被ってました!

今回の滞在先はThe Vijitt Resort Phuket。(http://www.vijittresort.com)
プーケットの中心地からクルマで40分ほどかかる静かなエリア、
ラウワイビーチエリアに位置するリゾートヴィラでした。

写真1

写真3

写真2

ヴィラはすべて1棟立てで、その数80以上(!)。もはや村です。
敷地が広大すぎるのでどこへ行くにもバギー移動。
部屋の写真は取り忘れましたが、
シャワールーム?は、野外でした。

写真4

ドアはガラスでスッケスケだし、なかなかの辱め。
そしてもれなく蚊に襲われます。吸われます。

滞在時はレストランとプールの往復しかしない日も、、、。

とある日はタイフード狂いの相方と現地の味を体感すべく
ザ・アジア〜〜な屋台やナイトマーケットを巡ってました!
食べてばっかり、です。汗

写真5

超老舗、「バイレイ」にてカオマンガイ。
http://www.bangkoknavi.com/food/184/

評判に違わぬ美味しさです。
鳥臭さがまったくなくてなんか…上品!!
そしてこれで1食120円くらい。軽く事件です。

そしてナイトマーケットでは
見た事がない食材と熱気!!これこそアジア!!
あちらは外食文化なのか、恐ろしいほどの
露店の数と人出でした。面白くていろいろパシャリ。

写真6

謎の野菜たち。薬草?

写真7

なんでもかんでも串焼きにしてみる。

写真8

さとうきびを胸がザワつくぐらい絞りまくるおじさん。

写真9

以上にクオリティが高かった牛骨入りウドン状の麺料理!!
ウドンを知らないけれどたまたま練ったものがウドンに
なった的な、、、濃厚な牛骨スープと合うなんて、新感覚でした。

見た事無いもの、嗅いだ事無いもの、
口にした事が無いものばかりとっても刺激的な
フードマーケットなのでした。
後半はまた次回にて〜★

Related