LEON編集部の海外リポート201X

欧州ファッション・リポート
London前編

欧州ファッション・リポート London前編

LEON編集部の海外リポート201X

欧州ファッション・リポート London前編

2016年1月から2月にかけてイギリス、ミラノ、パリなどヨーロッパ各地で開催されたファッションショーは、欧州を中心としたラグジュアリーブランドの2016年秋冬のファッションを発表する舞台であり、ファッションブランドがどんな方向に向かっていくのかを知る機会となっています。本企画は小誌取材部隊が見て感じた、LEONにとって気になるブランド&アイテム、その着こなしについて考察します。

2016年1月8日〜11日
ロンドンメンズ London Collection: Mens
文/堀川正毅(本誌)

IMG_0253

前編<ベーシック×素材感>
欧州ファッションウィークのトップバッターは、イギリス・ロンドンで開催した「London Collections: Men」。リスタートした数年前に比べ、新鋭ブランドは実験的なファッションから実用的なクオリティへと進化し、老舗ブランドは新素材などを積極的に取り入れることでアップデートを果たすなど、ミラノやパリとはまた違った、見応えのあるショーになってきました。今回、小誌が注目したのは、「ベーシックなスタイルにスポーティな素材感」「モダン顔ミリタリー」のふたつ。前者のベーシックとは、トレンチコートやチェスターといった男性服の定番を羽織りつつ、コーディネートに用いているのがエラスティック素材やウルトラスェードなどを採用したアイテムで、それら混ざり合うことでいまどきな印象になっているというものです。とくに気になったのは上述したようなコート類との合わせで、コート単品はベーシックでもレイヤードしているのは小誌でもお馴染みのシャカシャカだったり(1205)、シックなトレンチにインナーにジャージをコーディネートしていたり(バーバリー)と、旬な香り漂う提案が秀逸。そのほか、ハイテクからはやや逸れますが、ベーシックなアイテムのサイズ感が引き続きゆったりとしているのも特徴的。80年代を思わせるボリューミーなコートやプリーツの入ったパンツ(イートウツ)は極端なものも多いものの、実用的なシルエットも増加傾向にあり、リアルクローズ主義の小誌としては歓迎する傾向でした。

「1205」
1205_1
1205_2
デザイナーのパウラ・ジェルバーゼ氏のシグネチャーブランド。「ジョン ロブ」のクリエイティブディレクターも務める才女の提案するファッションは異素材ミックスのオンパレード。見た目はベーシックなジャケットやスリムパンツながら、実はナイロン地だったり、伸縮性の高い素材を随所に使用。足元はいまどきらしく、スニーカーで。黒やグレーを多用し、コーディネートでチラ見せする白Tや白ソールが効いています。

「Burberry バーバリー」
Burberry1
Burberry2
今回のコレクションから「プローサム」「ブリット」「ロンドン」などのレーベルをすべて「バーバリー」に統合したコチラ。トレンチコートの合わせにネックを大きく仕立てたジャージーを用いていたのが印象的。コートはトレンチだけでなく、ダッフルやピーコート、ボマージャケットなど、その種類の豊富さと出来映えの高さに会場での評判は上々。デザイナーのクリストファー・ベイリーの気合いを感じられる、秀逸なコレクションに。

「E.TAUTZ イートウツ」
e.tautz1
e.tautz2
テーラリングの上手さとクリエーションのセンスが絶妙な「イートウツ」は、今回も上品な見た目は健在。サイズ感や素材の選びはきちんといまどきで、大人が楽しめるファッションアイテムが揃っているのが嬉しいところ。もちろん、LEON的にはちと太すぎるパンツもありますが、そうでないものも多数あるので選んでいきたいところ。カラーリングも黒ベースにグレーといったシックな配色が目を引く今回のコレクションは非常に良い印象でした。

ロンドンコレクションリポートは後編に続きます。

Related